コンセプト

支えてくれている人たちに恵まれている

幼い頃、大工であった叔父の姿に自分を重ね、将来を夢見たという宮原社長。職人になるべくしてなっただけあり、世の流れに戸惑うことなく在来工法一筋。それも耐久性や健康住宅という概念を当初から抱き続けて取り組んできた。

そんな社長の口癖は『恵まれている』。諸先輩、職人仲間、そしてお客様にと。一見、単に人の巡り合わせが良かったのかと思われる謙虚な言葉だが、それは『ものごとの本質を理解してくれるひとがいてくれた』と解釈すべきであろう。

本物が残る時代に、一層輝きを増している真の職人である。

株式会社宮原建築 代表取締役 宮原 静雄

お問合せ